立川市歴史民俗資料館
写真 立川市歴史民俗資料館は、400年間にわたって住んでこられた井上家の屋敷の一部で、文化財保護のためにと当主の井上氏が土地を寄付してくださいました。そこで立川市が資料館を建設し、市の貴重な資料の保管・展示をしています。基本的なテーマは3つあり、「自然と人間のいとなみ」「立川のきのう、きょう、あす」「未来に伝える先人の知恵や知識」を柱に構成されています。展示物は国宝の「六面石幢」や「八幡神社本地仏像」(レプリカ)などの他に砂川の屋敷割模型、立川飛行場の複葉88式偵察機・97式戦闘機・神風号などの模型とスライド写映など多岐にわたって展示しています。また多摩川の伝統漁法であるセバリ漁法をジオラマで再現しています。

住所 立川市富士見町3-12-34
電話 TEL.042-525-0860
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
時間 9:00〜16:30
料金 無料
交通 JR青梅線西立川駅下車徒歩20分又は立川駅南口より西武バス立川車庫行か立川駅北口行バスで農業試験場前下車徒歩5分


ホール美術館資料館科学館博物館立川市

TOKYO TAMA CITY
(株)ワード・イン 〒190-0022 東京都立川市錦町5丁目15番地8号 PHONE.042(528)2835 FAX.042(528)1507