山本有三記念館
写真 作家、山本有三の旧邸。玉川上水沿いの洋館は大正時代にできた木造一部鉄筋の2階建で、有三は1936年(昭和11年)から住み始めました。56年、有三が都に寄付した児童向け図書の貸出しをする青少年文庫が山本有三記念館として生まれ変わり、有三の文献や身辺資料と共に住居公開をしています。1、2階合わせて6つの展示室からなり、代表作、「路傍の石」や「無事の人」の原稿、戯曲「米百俵」の初版本などが展示。また、愛用した机や、晩年に神奈川県湯河原町で使ったテーブルセット、「自然は急がない」と書かれた色紙などもあります。

住所 三鷹市下連雀2-12-27
電話 TEL.0422-42-6233
休館日 月曜日(祝日の場合は、その日以降の休日を除く直近の日及び翌日)・12月29日〜1月4日
時間 9:30〜16:30
料金 無料
交通 JR中央線三鷹駅(南口)より徒歩12分 バスで万助橋下車、徒歩5分


ホール美術館資料館科学館博物館三鷹市

TOKYO TAMA CITY
(株)ワード・イン 〒190-0022 東京都立川市錦町5丁目15番地8号 PHONE.042(528)2835 FAX.042(528)1507