羽村市郷土博物館
写真 玉川上水の取入口「羽村の堰」の対岸にあります。館内は羽村の自然や歴史・文化、特に羽村の生んだ文豪・中里介山の「大菩薩峠の世界」をはじめ、江戸の町へ水を送り続けていた玉川上水の仕組みや水と深く関わってきた羽村に関する展示をしています。また、屋外には介山ゆかりの「赤門」や国の重要有形民俗文化財に指定されている「旧下田家住宅」の復元が展示してあり、江戸末期の農家の生活を知ることができます。

住所 羽村市羽741
電話 TEL.042-558-2561
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は月曜日と火曜日)・12月29日〜1月3日
時間 9:00〜16:30
料金 無料
※特別展の場合はその都度設定
交通 JR青梅線羽村駅から徒歩20分
駐車場 乗用車19台。マイクロバス可。
※大型バスについては下記に連絡して臨時駐車場の使用をお願いしてください。
◇東京都水道局羽村取水所 エ042-554-2052
注意 20名以上の団体の場合は事前連絡


地図
常設展示のご案内と郷土博物館への道のり

●多摩川とともに
多摩川による河岸段丘の形成と江戸時代までのそこでの人々の暮らしや歴史を紹介
●玉川上水をまもる
江戸の町へ水を送り続けていた玉川上水の仕組みや羽村との関わりを探ります。
●農村から都市へ
羽村の養蚕業、農村の近代化や都市計画などによる近代都市への歩み
●中里介山の世界
羽村に生まれ、「大菩薩峠」を著した小説家、中里介山を紹介
●野外展示
旧下田家住宅・赤門・旧田中家長屋門。


ホール美術館資料館科学館博物館羽村市

TOKYO TAMA CITY
(株)ワード・イン 〒190-0022 東京都立川市錦町5丁目15番地8号 PHONE.042(528)2835 FAX.042(528)1507