中村研一記念美術
写真 現在休館中。開館予定は17年秋頃
日本洋画壇の重鎮として活躍し、自然をこよなく愛した故・中村研一(洋画家)の23回忌にあたる平成元年5月14日(研一誕生日)に開館しました。美術館が建つ場所は中村研一のアトリエ跡で、武蔵野の面影が今なお残る、緑と自然豊かなところです。館内には中村研一の奥行きある構成と色彩豊かな作品の数々が展示されています。旧住居の喫茶室や茶室もあり心安らぐひとときを味わえます。

住所 小金井市中町1丁目11-3
電話  
休館日 月曜日/木曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)年末年始/展示替及び特別 整理期間
時間 4月1日〜10月31日→10:00〜17:00
11月1日〜3月31日→10:00〜16:00
料金 大人700円/学生300円/小人100円
※団体割引も有ります ※特別展の場合はそのつど定めます
交通 JR中央線武蔵小金井駅(南口)下車 徒歩15分
「はけの道」沿い 小金井市第二中学校東

主な収蔵品
●中村研一の油彩画(裸婦、婦人像、静物画、風景画 他)150点、素画(人物、静物、風景 他)1000点、陶芸作品(九谷、備前、出雲、信楽 他)150点、常用の写生用具、愛用品、日記などの遺品、交友関係を示す書簡、絵葉書

主な収蔵作品
●中村研一作品「フランス婦人像」1928年、「足柄より」1938年、「夏」1950年、「自画像」1958年、「花」1960年、「婦人像」1963年、「バラ」1967年

展示内容
●中村研一の油彩画約40点、素画約20点及び陶芸作品約30点などで構成する常設展のほか、特別展・企画展などを含め年間3〜4回の展示替えを行なう。



ホール美術館資料館科学館博物館小金井市

TOKYO TAMA CITY
(株)ワード・イン 〒190-0022 東京都立川市錦町5丁目15番地8号 PHONE.042(528)2835 FAX.042(528)1507