村内美術館
写真 村内ファニチャーアクセス・村内道昌会長がかつて訪れたパリの小さなミュゼを手本とし、どこからかコーヒーの香りがしてきそうな気持のなごむ美術館にとの考えと、地域社会への貢献の思いを込め、1982年に開館されました。館内には、ミレー、コロー、クールベなど19世紀フランス自然派を代表する画家たちの作品や、外光派といわれる画家たちの作品もコレクションされており、ドガ、ボナールといった印象派と関連画家の作品も収蔵されています。19世紀フランス絵画を常設する美術館として国内でも高い評価を得ています。1995年、新館オープン。

住所 八王子市左入町787
電話 TEL.042-691-6301
休館日 水曜日/年末年始(不定期)
時間 10:30〜17:30(入館は17:00まで)
料金 一般:大人600円/大・高生400円/小・中学生300円
※団体(20名以上)は各100円引
※土曜日は小・中高生無料
交通 JR中央線八王子駅(北口)東急スクウェア内駅前郵便局前より村内ファニチャーアクセスシャトルバスが全日40分間隔で10:20〜。JR中央線八王子駅(北口)より西東京バス村内ファニチャーアクセス下車
公式HP http://www.murauchi.net/museum

村内美術館コレクション
●ミレーコレクション
「鏡の前のアントワネット・エベール」1844-45年、
「ミレー夫人の肖像(カトリーヌ・ルメール)」1844年頃、
「オーヴェルニュ地方の山羊飼い」1867年頃 など

●バルビゾンの画家コレクション(バルビゾン=フランス郊外フォンテーヌブローの森の北西端にある小さな村)
■コロー
「ヴィル・ダヴレーのカバスュ邸」1835-40年、
「小さな水門のある草原」1855-60年、
「黄色い帽子の女」1840-45年 など
■クールベ  
「フラジェの樫の木」1864年、
「波」1870年、
■ルソー
「 フォンテーヌブローの森」1861年 など

●印象派コレクション
■ルノワール
「 若いギタリスト」1897年頃

村内美術館 友の会 “マルグリット”《入会のご案内》
●会費/年会費(入会金はありません)一般:2,000円 学生:1,000円

●特典:会員の方は以下の特典を受けることができます。
1.受付で会員証をご提示頂ければ、ご本人様と同伴者1名様に限り村内美術館での展覧会を無料でご覧頂けます。(特別 展はその都度設定される割引料金になります。)
2.会員の皆様には村内美術館で主催する講座、イベントのお知らせをお送りさせて頂きます。
3.会員ご本人様は、村内美術館で主催する有料の講座、イベントなどが2割引でご参加頂けます。また、有料無料に関わらず、すべての講座、イベントなど一般の方に先がけて優先的にお申し込みを受付いたします。 ご家族やご友人など、会員ご本人様とともに参加される方がある場合は、その方も含めて優先受付いたします。(ただしこの場合ご一緒に参加される方の料金割引はございません。)
4.会員ご本人様は、会員証をご提示して頂くことで、村内美術館で販売しているポストカード、ミュージアムグッズが1割引となります。(一部書籍は割引除外品となりますので、ご了承ください。)
5.会員ご本人様は、6Fカフェレストラン「ルーブル」でのお食事、お飲み物すべてが1割引となります。ご注文の際、会員証をご提示ください。
6.その他、友の会会員の皆様へは随時さまざまな特典をご用意していく予定です。

●入会手続き 入会申し込み書にご記入頂き、会費を添えて美術館受付に直接お申し込みください。その場で会員証を発行いたします。(原則として、ご入会後の会費の払い戻しはいたしません。)
【ご郵送でのお申し込み】
会費を入会申し込み書とともに、現金書留でお送りください。
(学生の方は学生証のコピーを同封してください。)到着次第、会員証を送らせて頂きます。
宛先:〒192-8551 東京都八王子市左入町787 村内美術館友の会係宛て
【会員証の発行】
・お申し込みされたその日から1年間有効の会員証をお作りします。この会員証は、村内美術館、カフェレストラン「ルーブル」でのみ有効です。
・会員証はご本人様のみ有効です。第3者への貸与または譲渡された場合その会員証は無効となります。
・会員証を紛失された場合は、村内美術館までご連絡ください。新しい登録No.が記入された会員証を発行いたします。(再発行手数料に100円がかかります。)
・村内美術館友の会会員証は公式な身分証明にはなりません。


ホール美術館資料館科学館博物館八王子市

TOKYO TAMA CITY
(株)ワード・イン 〒190-0022 東京都立川市錦町5-15-8 PHONE.042(528)2835 FAX.042(528)1507