富士山って知ってます?
富士山って知ってます?
 よね?

高さが3,776メートルだかあって、実は活火山で..

でもそれはウソです。
高さはそれでいいかもしれませんが..
えっ?知らなかった?
じゃ、本当のこと教えます。

富士山は、じつは、アノ伝説の「でーだらぼっち」が
琵琶湖のところを掘った土でこさえたのです。

しかも一晩で...
そんなこと全然知らなかった?
ウソッ? 常識ですよ。

その時、彼も(多分「彼」でいいと思う)
急いだらしく、あせって手を着いたりして
浜名湖はできちゃうし..
もっこ(土などを運ぶ道具)からこぼれた土
で、伊豆七島なんかもできちゃうし..

そら、もう大変だったんですから。


ホントだって〜
下駄の歯クソって知ってますよね。

下駄でぬかるんだ道なんか歩くと、歯の間に土や
なんかが詰まる。

その詰まったモノが
「下駄の歯クソ」つうんです。
実は、
その日(富士山を作ってるとき)
疲れた彼は、ちょいとひと休みして

この下駄の歯クソを、
「ガッ!」っと落としました。

すると、その土が
ピューっと飛んで、
なんと
あきる野市の大塚になったのです。
えっ?それはもしや...

つまり、大塚の大きさは、下駄の
ここ?(ひだりの絵)

ということは、

大塚の大きさから下駄の大きさがわかり、下駄の大きさがわかるってことは、


でーだらぼっちの身長がわかる

ってことじゃん。
じゃ、大塚へゴー!(きゃ、古〜い)
なんじゃ?!
この、
ドーンとした7階建てに
見える建物は〜!

喫茶店もある。
あっ、これが
新しい市役所だ。
あら?
昔知っていた大塚は、いまや住宅に囲まれ
全然分からなくなっている。

(あきる野市役所屋上より、大塚を見る)

我々は、おどろおどろしい雰囲気を漂わせる
大塚に近付くのであった...

(T:「Kちゃん、空が変な色になっちゃったけど..
   どうして?」
K:「どこを、どういじるとこんな色になるのよ、写真そのまま使えばいいじゃん。」)

この雰囲気は、もしかしたら...
おお〜っ!
やっぱりいた!いつもの老婆だ。
なになに『都旧跡 大塚古墳?周囲は約130メートルあり..王塚とも呼ばれ..』

また、ウソばっか...

でーだらぼっちが実在したことがバレると困るもんだから..

おやあ〜、だれか覗いてる。

こら〜!
てんで表へ出たら..

でーだらぼっちだあ!

じゃ困るけどさ..
昼間なのに頂上のほうは暗い。
本当は下駄クソなのに、この雰囲気は...コ、コワイ!
も、問題を整理してみよう。
つまり、周囲130メートルの方墳つうことは4で割ると、
一辺が32.5メートルってことで(なぜか都史跡の看板を
信じる)
つまり、歯と歯の間が32.5メートルだ。

で、ここに持って来た下駄を計ると5.5センチ。
(わざわざ持って来たんかい!)
で、この下駄を使ってる私がちょうど170センチ。
てことは..
ええ〜っ!
身長、なんと1キロメートル

ちょっと。

そりゃ、手をつけば浜名湖に
 なっちゃうよねえ...スゴイ!
えっ?それって、手が異常にでかくない?

まあ、そういったわけで、
でーだらぼっちの身長は1キロメートルと覚えましょう。

えっ?探検はどうしたか?

 う〜ん。あの老婆が、6メートルの上から滑り落ち
それでも笑顔を忘れなかったことだけは、お伝えしましょう。