指令:1

のらぼうず村K地区で幻の「金玉水」を捜せ!

我々は「のらぼうず村探検隊」。

メンバー人数不明、活動拠点不定、主旨不定の神出鬼没な探検隊だ。

今回はのらぼうず村K地区の奥地へ入り、幻の水「金玉水」を見つけだす。という指令を受けやってきた。

しかし、秘境K地区はかなりの難所らしい..。気を引き締めていかなければ、何がおこるかわからないのだ。
潜入してすぐに半壊した木造の橋を発見!

これは、その昔「幻の金玉水」信者達が夜な夜な通った遺跡ではないか!

橋をわたり、道なき道をふみわけ、我々は危険もかえりみずに進んでいく。
あまりの険しさに隊員達も疲労困憊。栄養補給が必要になってきた。が、食料は無い!
しかし、野生の苺を発見した我々は、なんとか危機を乗り越えることができたのであった。
その時突然隊員のひとりがかすかな音に気がついた。

「み、水の音だ!」

これはまさしく幻の金玉水に違いない!とはやる心をおさえ顔を近付け、覗いてみると..。
発見!やはり幻の金玉水は存在したのだ!
みょうがの葉をコップがわりにして、さっそく飲んでみた。

もちろん、冷たくておいしい。苦労してやってきたかいがあった!

さらに、隊員の指の先をよ〜く見ると、小さなサワガニがいるではないか!
今回の我々の探検は終わった。しかし、のらぼうず村ははてしなく広い。

まだまだ我々の探検はつづく..(?)


つかれたから戻る