店舗は土台や骨組み等は本職の方にお願いして、
内装や壁塗りはコツコツ一人で仕上げました。
着工から3年を要しました。
その1
その2
2003年4月土地のお浄めをしました。
建築地は店名にもなっている、「初後」
武蔵五日市駅からも300mの場所。
2003年5月30日大工さんにより骨組みが完成しました。
本職の手を放れて、自分で大工をする勇気を得るのに
8ヶ月の時間が要りました。2004年1月13日台所の
サッシ取り付け部分から始めました。
その3
その4
2004年3月。アルミサッシを入れました。
2004年4月。待合いの庇を作り、勇気をもって玄関の庇に挑みました。
自然石に丸太を組み合わせます。
その5
その6
2004年9月。にじり口の杉戸を自作し取り付
けました。庇も玄関庇と同じように取り付けました。
2004年9月。防湿紙を貼りました。
その7
2004年12月。外壁にコンパネ張り完了です。
この時点では、もう1年かかるとは思いませんでした。
その9
その8
2005年4月。床を張る前に玄関のタタキを完
成させる必要があることに気付き、急いで石
を張りました。
2005年2月。外壁の塗装を完了。
その10
その11
2005年6月。我家の山の杉で上がり框をはめました。
その12
2005年6月。玄関、中廊下に縁構
(両端が加工された板)を張りました。
その13
2005年7月。台目袖壁の中柱を立てました。
2005年8月。ラスボードを張りました。暑くて死にそうでした。
ラスボード張りに続き、内壁塗りを行いましたが、完成の目途がた
たず、精神的にいちばん辛かった時期です。
その14
2005年11月2日。障子枠を自作しました。
その15
2005年11月21日。念願の畳が入りました。
障子に紙も貼れました。
その16
2005年12月2日。午前中に神主さんにお祓いをして
もらい開店しました。
夜には親戚を呼びささやかな完成披露をしました。
一般のお客さまは12月3日からお迎えしました。