初後亭(しょうごてい)はあきる野で
農を中心に安心の食を紡ぐことを
1986年から続けて28年目。

あきる野の自家農場で自家栽培した小麦と蕎麦を
受け継がれた地元の技で提供する東京都で唯一の店として
正直に続けて参りますので宜しくお願いします。


ゴールデンウイーク4月29日〜5月6日は
休まず営業いたします。
5月7日、8日連休させて頂きます。

Facebook始めました。初後亭を見てみてください。

季節限定しろやま桜 吟醸生酒 始まりました。
地元の酒蔵「喜正」のお酒ですが「生」が飲めるのは
この時期だけ。 春を告げる逸品です。初後亭でぜひ一杯!


おおぜい(5人以上)でお越しのときはご予約を
初後亭では毎日亭主がうどん・そばを手打ちしています。
体力の関係もありお客さまのご要望にそえず申し訳なく失礼する場合がございます。
5名様以上の場合、事前にそばとうどんの人数を
電話0425960541まで
御連絡いただけると幸いです。

平日のお越しを
平日は土日、祝祭日と違い初後亭本来の落ち着きがあります。
もしご都合が宜しければ平日の初後亭をお楽しみください。

日本政府/観光庁米国向けフェイスブック
https://www.facebook.com/visitjapanにも紹介されました。
  ましを上手に活用しましょう
初後亭の「おしながき」を見ると『まし』という欄があります。
ネギやショウガ、ごまなどの薬味
と違うけれど、つけ汁に入れ麺と一緒に召し上がっていただくものです。
茹で野菜なのに味がつけてないのは、麺と同じに食べて頂きたいから。
その昔貴重だったうどんを野菜などで量を増し、できるだけ多くの人を満たす。そんな秋川(あきがわ)流域の優しい心の伝統です。
そんな食文化を楽しんでいただくため、最近、市販品ですが納豆も
用意してみました。
うどんと納豆。亭主が好きな取り合わせです。
これからも随時「
まし」を追加予定。お試しを。
2011年 初後亭(山崎農園)栽培小麦からは放射能が検出されませんでした。 検査結果はこちら
   
あきる野市の台地(阿伎留台地)の自家農場で栽培した小麦とそばでつくるうどんと蕎麦の店。自家栽培米のご飯、お餅もどうぞ。