相手がうつ向けのとき その4

相手がうつ向けで自分が上であるとする。
体格的に自分の方がやや勝っている場合に、取りこぼしも少なくて良い技である。



右手で相手の後襟を握り、左手で相手の右襟を深く握り、右膝で相手の股を押すようにして、回転する。



左の握りは離さないで、右足で相手を制御しながら、左足を立て、抑えの準備をする。



右脚と左脚を入れ替え、相手の上の方に回り、崩れ上四方固にはいる。






次へ