相手がうつ向けのとき その3

相手がうつ向けで自分が上であるとする。



左手で相手の左襟を脇の下から取り、右手で相手の後襟を取る。この時、右手は四指を襟の中に入れ親指を外にする。



左手で相手を持ち上げるようにし、右手で前に引き出し、顔が上がったところで右手を襟に沿って滑らし右腕の上に相手のあごを乗せるようにする。



右腕の上のあごを、肘をあげるようにして、首を引っかけてひねり相手を回転させて抑え込む。






次へ