相手がうつ向けのとき その1

相手がうつ向けで自分が上であるとする。


左膝を相手の首筋へつける。そして、左腕を相手の右脇の下から入れて左襟を深く握る。この時巻かれないように、肘をあげさせるように注意する。


その後、右手で相手のズボン(帯でもよい)をもって、左腕で引き上げ、右足を相手の左腕にかけながら、相手の頭に腰掛けるように斜め後ろへ回転する。


相手の左腕と頭を挟む。この時、右足は相手の頭の下へ枕のようにし、尻が上を向くようにすると首が制されて動きにくくなる。左腕を引き、しっかり挟み腕を下へ下げさせると肩がきまる。






次へ