下から相手を攻めるとき その4


相手が上から前に攻めてくるときに入りやすい。肘が曲がったままなので関節を取られるとは思わない。




相手の右腕を自分の左手で引き、右手を相手の肘に引っ掛けて戻させないようにする。



左手で相手の左肩を抑えて、かつ両足で相手を押し付けるように挟み逃がさないようにする。



腰を回転させ左足を相手の顔に掛け、腰を延ばすようにして相手の関節をとる。





次へ