下から相手を攻めるとき その3

相手が上から前に攻めてくるときに入りやすい。



相手の右腕を自分の左手で引き、右脇を開けさせ、自分の左脚を差し込む。



脚で相手の肩を前へ押し出すようにして、相手の右腕の間接の逆を取る。



相手を畳へはわせるようにして、膝の裏を肩から相手の肘へずらし右脚を左足に絡めて極める。





次へ