下から相手を攻めるとき その2

両足で相手を制御し脚を超されないように注意。
寝技の基本練習に良い技である。



左の肩を大きく開いて、相手の右腕を自分の左腕で抱え込み、左手で相手の左襟を深く握る。 これで相手の右腕を殺します。



右手は相手の後ろ帯を取るか、または、相手の左腕をバンザイさせるようにして後襟を取り、 左足で相手の膝を蹴り、右足の甲で持ち上げるようにしながら脚を交差させて返す。



一旦、相手の上方へ上るようにし、それから袈裟固めに抑える。右手は、相手の脇の下へ置く。





次へ