下から相手を攻めるとき その1

自分は右手で相手の襟を持ち、左手で相手の右袖を握る。



相手の右肘を自分の脚のつけねの辺りへ固定するように押さえつけ、右手で引き寄せる。
左足は相手の右脚つけね辺りへ当て、腰から下は自分に接近させない。
相手の背中を伸ばさせるようにした方が良い。



腰を右に振り気味にして、右足で相手の頭を手前に刈るようにし、右足首に左脚を組み三角に挟む。
この時、相手の上腕を挟むように左脚を使うようにするとよい。



腰を上げてきめる。きまらないときは、相手の親指を上にするようにして右腕の逆を取る。





次へ