亀・犬からの反攻 その3


相手は自分の頭の方から、肩越しに左の脇の下から右腕を差込み返そうとしてくるとします。


左手で相手の右腕を握り、自分の左脇に相手の右腕を抱えます。
この時、相手の肘よりも上を抱えるようにします。


しっかり右腕を抱えたまま、自分の頭を相手の右脇へ突っ込み、後頭部で脇を押し上げるようにしながら脚を投げ出し左に回転しながら向きを変え、 腕の逆を取ります。


左手は相手の腕を抱えたまま、相手を回転して逃がさないように逆を取った腕を相手の体から遠ざけるようにして極めます。





表紙へ戻る

次へ