亀・犬からの反攻 その2


自分は亀の状態であり、相手は自分の頭の方から、右の脇の下から左手で左襟を取ろうとして攻めてくるとします。



右手で相手の左手首を握り、自分の右脇に相手の左腕を挟みます。
この時、相手の肘よりも奥を挟むようにします。



しっかり左腕を挟んだまま、左手で相手のズボンの裾を握り、自分の頭を相手の左脇から出し、後頭部で脇を押し上げるようにしながら脚を前に投げ出し上向きになり 腕の逆を取ります。



左手はズボンを握ったまま、相手を回転して逃がさないようにします。逆を取った腕は相手の体から遠ざけるようにした方が効きます。







次へ