亀・犬からの反攻 その1


自分は亀の状態で、相手は右の脇の下から左襟を取ろうとして攻めてきたとします。



右手で相手の右手首を握り、自分の右脇に相手の右腕を挟みます。
この時、相手の肘よりも奥を挟むようにします。



しっかり右腕を挟んだまま回転し、逆袈裟で抑えます。相手の位置・状態により回転の方向を変えます。



脇を締め相手の右腕を抜かせないようにします。左手は相手の帯やズボンなどを引くようにし動きを止めます。 なるべく相手の上の方にあがり、それから胸を合わせるうようにすると相手の動きを封じることが出来ます。







次へ