脚の捌き方 その2




相手の脚の下から、右手で相手の右脚の、左手で相手の左脚のズボンをそれぞれ握る。



相手の腰を折るようにしながら、一旦上がる。相手の腰が生きないようにする事。



脇を開けて下がりながら、相手の膝を脇の内側へ抜かせてから延ばさせる。 その後、左足の甲を相手の脚に乗せると良い。



左手はそのままで相手の脚を制し、右手を相手の体に沿うようにして、首の下へ持っていき横四方で抑えます。






次へ