相手が仰向けのとき その4

相手が仰向けで自分が上であるが,向こう側へ逃げようとする。



右手で相手の右脇の下から右腕を絡め、左手で相手の右襟を取り喉元から畳の方へ押し付ける。
この時右腕と肘で相手を制すること。



左足を相手の顔の上にのせる。尻の辺りが乗るようにする。



右腕で相手の肘を上げるようにして、後ろへ返りながら相手の腕を延ばして極める。
相手の親指が上を向くようにすることに注意。






次へ