相手が仰向けのとき その2

相手が仰向けで自分が上であるが,反対側へ向いて逃げようとする。



左腕を相手の左腕の内へ差込、肘で相手の脇を押して動きを制する。
右手は、左腕が差し込みやすいように相手の左腕を制御する。
右脚は、相手が回って逃げられないように踏み越して相手の頭を挟むようにして制する。



右手で相手の道衣を左横に引っ張り、弛みをなくすようにして左手でしっかりとたくさん握る。
これで相手は、左腕が制されるので、今度はゆっくりと反対側へ、一旦回るようにしてから、右腕で相手の腕を抱え込み相手を起こしながら頭の方へ戻って押さえる。







次へ